月別アーカイブ

  2008年03月  


スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ちりとてちん
TOP ▲
なんという中途半端な終わり方・・・・

まるで突如打ち切りになった連載マンガのような。

毎日おもしろく観ていたのにがっかりです
続きの制作でも決定しているんでしょうか?

朝ドラといえばヒロインの今後の扱いですよね。

最近では
宮嵜あおい、松嶋奈々子をのぞいて

「どんど晴れ」の比嘉愛未
「風のハルカ」の村川絵梨
「ファイト」の本仮屋ユイカ・・・・薔薇のない花屋ではひどい扱い
「わかば」の原田夏希・・・・・ハチクロでやっといい役をもらえたような気がします
「天花」の藤澤恵麻・・・・・orz


普通に民放の連ドラに出てた方がいいんじゃないかなぁ



それにしてもドラマの終わり方が中途半端でがっかりでした

スポンサーサイト
[2008/03/29 11:00] | てれびみてます | トラックバック(1) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
安宅家の人々
TOP ▲
ついに最終回でしたね。

思い起こせば、小林高鹿さんが出るというので見始めた昼ドラです。

全部を見ることはできませんでしたが
今週は録画してほとんど見ることができました。

一回でも見逃すと展開が大きく変わっていて
なんのことですか?状態になってしまうすごいドラマでした
(というか昼ドラはこんなものですか?)


最終回はまさかの/( ^o^ )\ なんてこったいな終わり方・・・・

墓があんな所にあっていいのかとか、
それから入籍してなければ子どもの名前が一緒でもいいんだろうなぁとか
余計なことを考えながら見てました

ともあれ60話にわたっての長丁場、お疲れ様でした。

[2008/03/28 16:12] | てれびみてます | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
山頂
TOP ▲
20080325152833
晴天に恵まれました
[2008/03/25 15:28] | こんな日々(そのようなもの) | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
Sweet Rain 死神の精度
TOP ▲
最初に感想を。
続編作れそうな話ですね。


予告編が面白そうだったので見てきました

あらすじはgooより

死神が現れるのは、人が不慮の死を迎える7日前。観察期間の後、「実行」か「見送り」かを判断するのが仕事だ。楽しみは、CDショップで、“ミュージック”を聴く事である。今日の「ターゲット」は、27歳の一恵。家族を亡くし、恋人にも先立たれた薄幸の女性だ。しかし、ひょんなことから音楽プロデューサーが彼女の声に惚れ込み、歌手にならないかとスカウトされる。一恵の将来を期待し、死神は死を「見送り」にする。

若者に支持されている伊坂幸太郎の「死神の精度」が映画化。不慮の死を遂げる事になっている人間の前に現れ、観察期間の後、死か生かを決める役目の死神が、音楽の才能がある女性を「見送り」にした事から、様々な人の運命が少しずつ変わっていく。本作の“死神”は、スーツ姿でいつも犬を連れていて、音楽が大好き。死神より天使に近いかも。雲の上から人間世界を見下ろすシーンは、『ベルリン 天使の詩』を彷彿とさせる。主演は、『傷だらけの男たち』の金城武、『UDON』ほか、ドラマでも活躍中の小西真奈美、『フラガール』の富司純子、『グミ・チョコレート・パイン』などの若手実力派、石田卓也など。監督は、『美女缶』の筧昌也



『フラガール』の富司純子って・・・・ねぇ?





原作は文庫版も出ているようなので
見かけたら買って読もうと思います

藤木一恵(小西真奈美)という女性の人生に3度も関わるとは

オレンジスポンジヘッドホンWALKMANと、
縦長ケースの8センチCDは
懐かしいです

でも、一恵の勤めている電器会社はSONYじゃないですww

未来の設定がちょっと無理のある描写なのと
不自然なカラスが気になりましたが
うまくまとまったいいストーリだったと思います

そしてなにより





藤木一恵(小西真奈美)の曲がよかったです。
ネットでは品切れになっている様子ですね

こちらのHPでも聞けます
藤木 一恵
http://www.fujikikazue.com/

ひとりでも歌える
愛の歌はもういらない
ひとりでは探せない
陽だまりのようなこの温もり
君となら探せる
見たことのない明日を

映画の中ではなかなかかかりそうでかからず
イントロまでとかでしたが
最後にやっと聞けました

きれいな声に驚いています
[2008/03/23 18:19] | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
鹿男あをによし 第10話(最終回)(BlogPet)
TOP ▲
ともの「鹿男あをによし 第10話(最終回)」のまねしてかいてみるね

あれ?10回でした。
結果的には面白かったからだと思いきやあっさり終了!!あとはボリュームが、納得のかと顔のいくような後日談と顔のですが、納得のですが解決していたのでストーリー的にほとんどの無いものな後日談としてしまう内容でした♪
結果的になっていたので儀式にほとんどの謎が少なく2時間かかるのかと・・文庫版で最終回で終わり?ということなので儀式に時間かかるのかと顔のかと顔の謎が少なく2時間かかるのですが解決してしまう内容でしたからだと・・・文庫版では恋愛要素のですが、原作で終わり?ということなんだろうなぁと思います。
連続ドラマでは恋愛要素の謎が少なく2時間ドラマで終わり?10回で描くには藤原先生は男性ということなので儀式にほとんどのかと思います♪
先週までには恋愛要素のですが解決しましょう

*このエントリは、ブログペットの「くれすた」が書きました。
[2008/03/22 07:20] | こんな日々(そのようなもの) | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
鹿男あをによし 第10話(最終回)
TOP ▲
あれ?10回で終わり?

ということで最終回でした。

先週までにほとんどの謎が解決していたので
儀式に時間かかるのかと思いきや
あっさり

終了!!

あとは、納得のいくような後日談と
顔の話でした。

連続ドラマで描くにはボリュームが少なく
2時間ドラマでは難解になってしまう内容でした。

結果的には面白かったのですが、原作があってしっかりしていたからだと思います。

原作では藤原先生は男性ということなので
ストーリー的には恋愛要素の無いものなんだろうなぁと・・・

文庫版でも出たら考えるとしましょう
[2008/03/21 10:04] | てれびみてます | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
あしたの、喜多善男 第11話(最終回)
TOP ▲
ついに最終回です。

今期のドラマで最高でした(個人的に)

さて、みずほと心が通ったと思えた場所・・・

『クリスティーナの世界』

でした・・・・

そこが日本にあったなんて驚きです



美しい死なんてあるもんか
死ぬって事はこの体を傷つけるって事なんだ
壊すって事なんだ

改めて死への決意を固める喜多さん

そこに、『クリスティーナの世界』というヒントでやってきた平太
(ある意味すごいです)


俺のの自由にさせてくれ
俺の人生がどうしようもなかった事は知ってるだろう?
利用される価値が無くなったら誰も相手にしてくれなくなった

・・・・1人になった
もう絶望しか残ってない!!自分で死ぬって決めたんだ!
もうこの世界から消えるって!!!
だから来ないでくれ

そんな喜多さんに平太は自殺した父を重ね
こういいます

俺は弱いヤツは勝手に死ねばいいと思ってた・・・

でもそんな事ないんだって、あんたと居てそう思うようになった
分かったんだよ。
親父を嫌いになったのは・・・弱かったからじゃねえ
死んじまったからなんだよ!!
生きてて欲しかったんだよ!!!

そして

喜多さん!!死なないでくれよ!!!
俺にカレー食わしてくれよ!
頼むよ!
喜多さん!!!


すごいですね・・・
かなり感動しました・・・

友情という言葉だけでは表現しきれない
喜多さんという人間の存在価値・存在意義を全肯定しています

全否定のネガティブ善男と一体になった喜多さんに
その思いが伝わります


いいドラマでした

喜多さんありがとう




[2008/03/20 10:16] | てれびみてます | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
薔薇のない花屋  第10話
TOP ▲
観ている途中で電話が来たので、半端になり観直しました

さて最終回が近づいてきていますが
これといった展開がなく・・・・

英治たちの過去がわかったことと
尾藤さんの手術の行方が心配なくらい

果たして、どんな終わり方になるのか不思議でなりません・・・

なんだか尻つぼみにならないことを祈ります

[2008/03/18 11:41] | てれびみてます | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
海外からの送金
TOP ▲
仕事で海外から送金してもらうという珍しい事態が発生しました。

それではと
イーバンク銀行の口座を伝えたのですが

お客さんから
『イーバンク銀行の「IBAN CODE」を教えてください』
とのメール

イーバンク銀行に問い合わせてみたら
『海外との取引は行っていません』

だそうです・・・・・・orz

なんのためのネットバンキングかと。
(ちなみにジャパンネット銀行もやってないそうで)

仕方なく、地元の銀行を調べてみたところ
SWIFT CODE(スウィフト コード)というのがあって
それを伝えれば入金できるのだそうです

ちなみに
SWIFT - BIC Portal
http://www.swift.com/biconline/index.cfm?fuseaction=display_freesearch

こちらで検索できました

便利なんだか不便なんだか・・・
[2008/03/17 17:30] | PC全般 | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
医龍2 第5話
TOP ▲
いまさらですが、録画していた医龍2を観ています

11月の放送で、珍しい血液型の患者さんの話ですが、
ちょうど同じような時期に

金田一少年の事件簿SP「吸血鬼伝説殺人事件」で
ボンベイタイプが取り上げられていますね。

今回の医龍2では
バーディーバー:「-D-」といわれる珍しい血液型だそうで

-D-【バーディーバー】(大阪府赤十字血液センター)
http://www.wanonaka.jp/-d-.htm
より

-D-【バーディーバー】
Rh血液型は基本的なCEとDの2つの抗原系で構成されています。このうちD抗原を持つものをRh陽性、持たないものをRh陰性と呼ばれており、欧米人で約15%、日本人で約0.5%のRh陰性の方がいます。

もう一方のCE抗原系はC(またはc)とE(またはe)のいずれかの抗原を持っており、そのタイプはCE、Ce、cE、ceの4つの型が一般的です。

しかし極めてまれですが、CE抗原系をまったく持っていない方がおり、D抗原系と合わせて-D-(バーディーバー)と表記されます。つまり、D抗原以外のC(またはc)とE(またはe)の抗原が存在しないので-D-と表わされるわけです。

日本人での頻度は20万人に1人とされていますが、実際はもっと頻度は低いと言われています。

また、-D-はD抗原だけしかありませんが、通常の検査ではD抗原の有無しか調べないので、単なるRh陽性として取り扱われてしまいます。

-D-の方はCE抗原系がないため、輸血、妊娠により抗体(抗Rh17)を産生する可能性があり、輸血する場合はこのまれな血液型と同じ-D-の血液を輸血しなければなりません。



素人にはさっぱり理解できないのですが、
小さいときの輸血によって「-D-」になったとの事。

設定(医療監修)がしっかりしているドラマなんだなぁと
あらためて感心しています
[2008/03/16 10:41] | てれびみてます | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
鹿男あをによし 第9話
TOP ▲
すべての謎が一気に解決しましたね

リチャードの悪あがきっぷりの気持ちもわかります
「自分の物にならないなら、いっそのこと壊してしまえ」


ラストの「マイ鹿です」は1話に繋がっていてなかなか爽快です

ねずみの登場シーンは無茶がありますが
声優に戸田さんですから豪華ですよね・・・・

すると、意外に狐の声優は中井貴一さんだったりしてww

さてさて次回が最終回です。
前回の録り逃しが悔やまれます・・・orz
[2008/03/15 14:06] | てれびみてます | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
薔薇のない花屋  第9話
TOP ▲
いろいろなことが分かって来ました

ついに、というかやっと雫ちゃんのお母さんの名前が!

彼女=「るり」

だそうです

父である神山の留学が決まっていたところに
「るり」が妊娠したと聞いた、神山は面倒に感じていた。

そこで英治がうまく「るり」に話をつける事になっていたのですが
英治はどうしても言えなかった。

結果として「るり」は亡くなってしまいます

そして一方
院長も真実を知るわけですが・・・

ごちゃごちゃしてきましたね・・・・

元の花屋が復活して、雫ちゃんが帰ってきて
美桜のお父さんの手術が成功して
英治と美桜が結ばれて


なんてハッピーエンドは難しいのでしょうか




[2008/03/13 08:52] | てれびみてます | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
あしたの、喜多善男 第10話
TOP ▲
薔薇のない花屋の感想を書いてないなぁと思いつつ
また火曜日がきてしまいました

あしたの、喜多善男
ついにクライマックスです

三波と再会し、本当の自分を受け入れようとする喜多さん

そして
警察に捕まったリカや追われる平太をかばう喜多さん

すべてを知っていて、それを別人格に押し付け見ないようにしてきた喜多さん
あと一日ですね・・・


さて前社長の殺人事件の犯人ですが

杉本の言う「こういうときは一番怪しくないやつら疑うんだよ」

あれ?喜多さんじゃないですよね・・・・?
[2008/03/12 08:25] | てれびみてます | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
ライラの冒険 黄金の羅針盤
TOP ▲
エンドロールは最後まで見る必要なかったですね
予告編でもあるのかと思ったらがっかりでしたから

あらすじはgoo映画より

我々の暮らす世界とは似て非なる平行世界のイギリス・オックスフォード。ジョーダン学寮で育てられた孤児のライラは、ダイモンのパンタライモンや親友ロジャーらと共に、騒がしい日々を送っていた。しかし街では次々と子どもが連れ去られる事件が発生し、親友ロジャーも姿を消してしまう。そしてライラ自身もコールター夫人に連れられジョーダン学寮から旅立つことに。旅立ちの日、彼女は学寮長から黄金色の真理計を手渡され……。

フィリップ・プルマンによる傑作ファンタジー小説の第一部「黄金の羅針盤」を映画化。“ダイモン”と呼ばれる守護精霊が人に寄り添う科学と魔法が融合したパラレルワールドを舞台に、少女ライラが運命の冒険へと旅立つ姿を描いていく。主人公のライラを演じるのは、オーディションで1万5,000人以上から選ばれた期待の新星ダコタ・ブルー・リチャーズ。豊かな表情で自由奔放なライラを魅力的に演じた。その脇をニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーンら実力派俳優陣が固める。ファンタジー世界に思いっきり浸らせてくれる作品だ。




悪役なんですけど、二コールキッドマンがよかったですね。

気になったのはイオレクの鎧は普段どこにおいてあるのか・・・?

つけてたり外してたり。
突然イオレクが現れてみたり。

編集のミスなんでしょうか・・・・

イオレクの王の座をかけた戦いの後、
ライラを乗せて走るイオレクのシーン。

他の部下たちは助けてくれないのか?
ジプシャンたちは置いてきていいのか?

釈然としませんでした


そして、三部作とはいえ・・・・
中途半端な終わり方。
エンドロールはいらないから、予告入れてください。

最後に・・・
セラフィナ・ペカーラがとてもきれいでした
(ワイヤーアクションが手抜きでしたが)
[2008/03/08 16:29] | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
鹿男あをによし 第8話
TOP ▲
HDDレコーダーが一杯になってて録れてませんでした!!!!!!!


なんとかオンエアは見たのですがショックです・・・orz

さて、
ついに三角きましたね。

「三角縁神獣鏡」だそうです。

そして
鹿がいい味です

藤原先生につい
「おい。よくやった」

「しゃべっちゃった・・・・」wwwww


もう一回見ようと思ってたのに残念でなりません・・・orz
[2008/03/07 09:04] | てれびみてます | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
あしたの、喜多善男 第9話
TOP ▲
いよいよクライマックス!!!

というわりには・・・・・


カレーではなく「カリー」ね。

ついに三波登場です。しかもタイ人として。


さて、2千万円の行方ですが、

しのぶが仕事からはずされる⇒みずほが平太に払う理由が無い

なにも解決していない?

着地点の見えないドラマですね・・・


これから三波がどう関わってくるのか楽しみです
[2008/03/05 09:26] | てれびみてます | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
鹿男あをによし 第7話
TOP ▲
「私は、鹿の使い番です」

そちらでしたか・・・

使い番と運び番の区別がつきませんが。

辻褄が合って来た様な気がするものの
いまだもって「サンカク」が謎。

鹿も自分で何とかしないかよ!


さてさて今度はリチャードが怪しくなってきたようですが・・・
[2008/03/02 18:10] | てれびみてます | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
L change the WorLd
TOP ▲
3月1日。映画の日です。

折角、今日公開の映画
「ガチ☆ボーイ」
「ワンピース」
「ライラの冒険-黄金の羅針盤-」
があったのですが

チームバチスタも陰日向も観ていません・・・

でもやっぱり観ておきたいのが

L change the WorLd

あらすじはgoo映画より

キラ事件解決の代償として唯一無二のパートナー、ワタリを失い、自らもデスノートによる究極の選択をしたLの下に、突如消滅したタイの村でただ1人生き残った幼い少年がワタリへのメッセージを携えて送られてくる。そしてもう1人、亡き父親からあるものを託された少女・真希が追っ手から逃れるように飛び込んでくる。新たな《死神》の出現を察知したLは2人の子どもを守りながら人生最後の難事件に挑むのだった。



ホラータッチなシーンがあったのは参りましたが、
アクションシーンも満載で楽しめました

キャストでは福田麻由子さん
「白夜行」での演技が思い出されます


そして「ちりとてちん」のA子こと佐藤めぐみさん!!
東京でこんなことがあって、傷心のまま小浜に帰ってきたのですね・・・・

ちなみにナンちゃんはちょっと(ry でした

[2008/03/01 13:55] | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
あしたの、喜多善男 第8話 (BlogPet)
TOP ▲
ともの「 あしたの、喜多善男 第8話 」のまねしてかいてみるね

山崎まさよしさんがほったらかしだなぁ)

*このエントリは、ブログペットの「くれすた」が書きました。
[2008/03/01 07:11] | こんな日々(そのようなもの) | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。