スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ホリディ
TOP ▲
うれし泣きって映画でもあるんですね

ストーリーは
goo映画より


ロンドンの新聞社に勤めるアイリスは、人生で最も惨めな瞬間を迎えていた。三年間も愛し続けてきた同僚のジャスパーが、目の前で他の女性と婚約発表をしたのだ。二人の関係はとっくに終わっていたが、彼のことが忘れられずにいたアイリス。ひとり寂しく郊外のコテージに帰り、哀れな自分を思うと涙が止まらなかった。
 ロサンゼルスで映画の予告編製作会社を経営するアマンダは、同棲中の作曲家イーサンとひどい別れ方をしていた。原因はイーサンの浮気だったが、恋愛に不器用なアマンダにも問題があった。彼女は怒りにまかせてイーサンを家から追い出したものの、そんな恋人との別れにも涙すら流せないでいた。そして・・・・
 9,600キロ離れたロンドンとロサンゼルスで、見ず知らずのアイリスとアマンダがパソコンの前に座っていた。最悪の状況を抜け出すための旅に出たいと考えていたアマンダが、アイリスの出した"貸しコテージ"の広告を見つけたのだ。2人はパソコンを通じて話し合い、<ホーム・エクスチェンジ>をすることに。それは条件の合うもの同士が、お互いのバケーション中に家も車もすべて交換するというもの。 

主人公の女性2人、素敵すぎです

観て元気になって
すがすがしい気分になって
とってもハッピーな映画です

アーサーがアイリスに向かって言った台詞

「映画には主演女優とその親友が出てくる。
 今まで、その親友役をやっていたんじゃないか?」

自分の人生の主役は自分自身何だとアイリスに気付かせる言葉に
とても感銘を受けました
[2007/04/01 14:45] | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪上三分身って何? | ホーム | バンプラ≫
らんきんぐ
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://versapro.blog15.fc2.com/tb.php/1256-1d783b41
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。