スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
デジタル化
TOP ▲
信濃毎日新聞[信毎web] 民放は「区域外再送信」同意を 総務省部会が答申
http://www.shinmai.co.jp/news/20070810/KT070809ATI090004000022.htm

総務省情報通信審議会の有線放送部会は9日、福岡県の民間放送局4社に対し、自社の地上デジタル放送を大分県のケーブルテレビ(CATV)が同県内で放送することに同意するよう求める答申を菅義偉総務相に行った。総務相は答申通りの裁定を出す方針。地デジ放送のいわゆる「区域外再送信」をめぐり、国の判断が示されるのは初めてとなる。

 長野県内でもCATV側と民放側が区域外再送信をめぐって対立。テレビ松本ケーブルビジョン(松本市)とエルシーブイ(諏訪市)が6月、東京キー5局の同意を求めて総務相裁定を申請している。総務相は答申を踏まえ、県内のケースでも同様の判断を示すものとみられる。



デジタルチューナの普及はどうなるのでしょうね・・・
総務省は各メーカーに5000円でチューナを販売できるようにと
要請したようですが、あまりよい返事をもらえないようでしたね

ケーブルテレビで再送信と言うことはパススルーかトラモジで
また方式が違うわけですからSTBを設置している局では
また、視聴者の出費がかさむことにつながるのでしょうか
[2007/08/10 14:30] | てれびみてます | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪三洋が携帯事業から撤退 | ホーム | VISTAに移行≫
らんきんぐ
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://versapro.blog15.fc2.com/tb.php/1365-ef4f51af
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。