スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
医龍2 第5話
TOP ▲
いまさらですが、録画していた医龍2を観ています

11月の放送で、珍しい血液型の患者さんの話ですが、
ちょうど同じような時期に

金田一少年の事件簿SP「吸血鬼伝説殺人事件」で
ボンベイタイプが取り上げられていますね。

今回の医龍2では
バーディーバー:「-D-」といわれる珍しい血液型だそうで

-D-【バーディーバー】(大阪府赤十字血液センター)
http://www.wanonaka.jp/-d-.htm
より

-D-【バーディーバー】
Rh血液型は基本的なCEとDの2つの抗原系で構成されています。このうちD抗原を持つものをRh陽性、持たないものをRh陰性と呼ばれており、欧米人で約15%、日本人で約0.5%のRh陰性の方がいます。

もう一方のCE抗原系はC(またはc)とE(またはe)のいずれかの抗原を持っており、そのタイプはCE、Ce、cE、ceの4つの型が一般的です。

しかし極めてまれですが、CE抗原系をまったく持っていない方がおり、D抗原系と合わせて-D-(バーディーバー)と表記されます。つまり、D抗原以外のC(またはc)とE(またはe)の抗原が存在しないので-D-と表わされるわけです。

日本人での頻度は20万人に1人とされていますが、実際はもっと頻度は低いと言われています。

また、-D-はD抗原だけしかありませんが、通常の検査ではD抗原の有無しか調べないので、単なるRh陽性として取り扱われてしまいます。

-D-の方はCE抗原系がないため、輸血、妊娠により抗体(抗Rh17)を産生する可能性があり、輸血する場合はこのまれな血液型と同じ-D-の血液を輸血しなければなりません。



素人にはさっぱり理解できないのですが、
小さいときの輸血によって「-D-」になったとの事。

設定(医療監修)がしっかりしているドラマなんだなぁと
あらためて感心しています
[2008/03/16 10:41] | てれびみてます | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪海外からの送金 | ホーム | 鹿男あをによし 第9話≫
らんきんぐ
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://versapro.blog15.fc2.com/tb.php/1495-26f19258
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。