スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
あしたの、喜多善男 第11話(最終回)
TOP ▲
ついに最終回です。

今期のドラマで最高でした(個人的に)

さて、みずほと心が通ったと思えた場所・・・

『クリスティーナの世界』

でした・・・・

そこが日本にあったなんて驚きです



美しい死なんてあるもんか
死ぬって事はこの体を傷つけるって事なんだ
壊すって事なんだ

改めて死への決意を固める喜多さん

そこに、『クリスティーナの世界』というヒントでやってきた平太
(ある意味すごいです)


俺のの自由にさせてくれ
俺の人生がどうしようもなかった事は知ってるだろう?
利用される価値が無くなったら誰も相手にしてくれなくなった

・・・・1人になった
もう絶望しか残ってない!!自分で死ぬって決めたんだ!
もうこの世界から消えるって!!!
だから来ないでくれ

そんな喜多さんに平太は自殺した父を重ね
こういいます

俺は弱いヤツは勝手に死ねばいいと思ってた・・・

でもそんな事ないんだって、あんたと居てそう思うようになった
分かったんだよ。
親父を嫌いになったのは・・・弱かったからじゃねえ
死んじまったからなんだよ!!
生きてて欲しかったんだよ!!!

そして

喜多さん!!死なないでくれよ!!!
俺にカレー食わしてくれよ!
頼むよ!
喜多さん!!!


すごいですね・・・
かなり感動しました・・・

友情という言葉だけでは表現しきれない
喜多さんという人間の存在価値・存在意義を全肯定しています

全否定のネガティブ善男と一体になった喜多さんに
その思いが伝わります


いいドラマでした

喜多さんありがとう




[2008/03/20 10:16] | てれびみてます | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪鹿男あをによし 第10話(最終回) | ホーム | 薔薇のない花屋  第10話≫
らんきんぐ
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://versapro.blog15.fc2.com/tb.php/1498-1cc70221
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。