スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
Sweet Rain 死神の精度
TOP ▲
最初に感想を。
続編作れそうな話ですね。


予告編が面白そうだったので見てきました

あらすじはgooより

死神が現れるのは、人が不慮の死を迎える7日前。観察期間の後、「実行」か「見送り」かを判断するのが仕事だ。楽しみは、CDショップで、“ミュージック”を聴く事である。今日の「ターゲット」は、27歳の一恵。家族を亡くし、恋人にも先立たれた薄幸の女性だ。しかし、ひょんなことから音楽プロデューサーが彼女の声に惚れ込み、歌手にならないかとスカウトされる。一恵の将来を期待し、死神は死を「見送り」にする。

若者に支持されている伊坂幸太郎の「死神の精度」が映画化。不慮の死を遂げる事になっている人間の前に現れ、観察期間の後、死か生かを決める役目の死神が、音楽の才能がある女性を「見送り」にした事から、様々な人の運命が少しずつ変わっていく。本作の“死神”は、スーツ姿でいつも犬を連れていて、音楽が大好き。死神より天使に近いかも。雲の上から人間世界を見下ろすシーンは、『ベルリン 天使の詩』を彷彿とさせる。主演は、『傷だらけの男たち』の金城武、『UDON』ほか、ドラマでも活躍中の小西真奈美、『フラガール』の富司純子、『グミ・チョコレート・パイン』などの若手実力派、石田卓也など。監督は、『美女缶』の筧昌也



『フラガール』の富司純子って・・・・ねぇ?





原作は文庫版も出ているようなので
見かけたら買って読もうと思います

藤木一恵(小西真奈美)という女性の人生に3度も関わるとは

オレンジスポンジヘッドホンWALKMANと、
縦長ケースの8センチCDは
懐かしいです

でも、一恵の勤めている電器会社はSONYじゃないですww

未来の設定がちょっと無理のある描写なのと
不自然なカラスが気になりましたが
うまくまとまったいいストーリだったと思います

そしてなにより





藤木一恵(小西真奈美)の曲がよかったです。
ネットでは品切れになっている様子ですね

こちらのHPでも聞けます
藤木 一恵
http://www.fujikikazue.com/

ひとりでも歌える
愛の歌はもういらない
ひとりでは探せない
陽だまりのようなこの温もり
君となら探せる
見たことのない明日を

映画の中ではなかなかかかりそうでかからず
イントロまでとかでしたが
最後にやっと聞けました

きれいな声に驚いています
[2008/03/23 18:19] | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪山頂 | ホーム | 鹿男あをによし 第10話(最終回)(BlogPet)≫
らんきんぐ
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://versapro.blog15.fc2.com/tb.php/1501-9b47e8a9
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。