スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛
TOP ▲
あれから2年たつんですね。
すっかり忘れてました・・・・原作も読んでたのですけどね

それにしても、goo映画のあらすじにあるような大前提である物語の設定について
語られないまま映画は始まります

goo映画より

ペペンシー兄妹の治めた黄金時代から1300年の歳月が流れたナルニア国。かつて全能なる王アスランに祝福され、生きとし生けるもの全てが幸福に包まれていた魔法の国は、戦闘民族テルマール人に征服され、もはや存在しない。人間たちに迫害され生き残ったナルニアの民は森に逃れ、この暗黒の世界に再び光をもたらす者の出現を待ち続けていた。一方、テルマールの王宮では、亡き王の弟ミラースが、正統な王位継承者カスピアンの暗殺を企てる。“伝説の四人の王”を呼び戻すと言われる魔法の角笛だけを手に城から逃亡した美しき王子は、テルマール人が決して足を踏み入れない森の奥深くで、ナルニアの民と出会う…。

映像化不可能と言われていたC.S.ルイスが遺した壮大なファンタジーの名作を映画化し、全世界で社会現象を巻き起こした『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』。その偉業を成し遂げたスタッフとキャストが再結集して贈る本作は、構想、スケール、ドラマ性において前作を遥かに凌いでいる。また、新たなる主人公、美しき悲劇の王子・カスピアン役に英国俳優ベン・バーンズを抜擢。時空を超越した美しさと気品は映画史に新たなる伝説を生むだろう。ちなみに、「ナルニア」シリーズでも最も人気の高いキャラクターの一人、ネズミのリーピチープも映像化され登場するというから、原作ファンもお楽しみに。



どうしても謎なのが、カスピアンはなぜいずれ王となる自国民に対して剣を向けるのか。
そしてラストシーン。

ピーターとスーザンは今回が最後というのもわかりづらいですね。

あと、リーピチープがでかすぎでびっくりします。
小さな英雄はもっと小さいと思ってましたから。

さて次は第3章ですが、『朝びらき丸 東の海へ』なんておかしげな邦題は使わないことを祈ります。
[2008/05/26 09:00] | 映画 | トラックバック(1) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
≪CHANGE 第3話 | ホーム | 未来を体現したかも(BlogPet)≫
らんきんぐ
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://versapro.blog15.fc2.com/tb.php/1546-e0c51778
【キャラクター】についてブログでの検索結果から見ると…
キャラクター をサーチエンジンで検索し情報を集めてみると…
おまとめブログサーチ[2008/05/26 10:23]
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。