スポンサーサイト
TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
知らなくても大丈夫なこと
TOP ▲
お昼に後輩が「non・no」を読んでたので、チラ見。

「花より男子」の記事が載ってたので、なんだかんだと話してました。

・・・

「はなよりだんご」って読むの?

「知らなかったんですか?」

そういうもんです・・・orz


いいじゃん、「だんし」で




で、DVDの規格。とーとつですがおかまいなく。

ブルーレイディスクとかHDD-DVDとかの、次世代DVDの規格が騒がれていますが、おかまいなく(?)

メモです。それだけです。ほんとです。
もってませんが、DVDレコーダーの録画の場合。

DVDレコーダーの録画モードには、「ビデオモード」と「VRモード」の2種類があります。

★ ビデオモード
 市販の記録済DVDやレンタルDVDなどの再生互換性に優れる「ビデオモード」は記録形式の規格を「DVD-Video,DVDビデオ」といいます。このモードで録画したディスクは、各種家電DVDプレーヤーやパソコン、PS2などのゲーム機(もってませんが)など多くの機器で再生が可能です。

★VRモード(ビデオレコーディングモード)
 「VRモード」は、DVD-R・DVD-RWディスクを使って、プログラム編集や録画時間可変のマニュアルモード録画など、録画するDVDレコーダーならではの機能を利用することができる録画モード。
 このVRモードで録画したDVD-RWディスクは、VRモード対応のパソコンやプレーヤー(例えば「RW COMPATIBLE」の表記のあるDVDプレーヤー)で再生が可能です。
 DVD-Rディスクの場合はデジタル放送の「1回だけ録画可能な番組」を保存ができます。 また、このVRモードで記録されたDVD-Rディスクについては、部分消去などの編集や、二カ国語放送の録画も可能な機種もありますが、互換性は機種によります。

 一般的な家庭用DVDプレイヤーで再生できるものをつくるにはビデオモードのDVD-RまたはDVD+Rに「DVDビデオ」形式で記録しなければなりません。
 DVD-RWやDVD+RWに「DVDビデオ」形式で録画しても再生できない機種があるので注意(レンタルビデオ屋さんで売ってる安いやつとか)。DVDレコーダーでディスクメディアの選択(DVD-RとDVD+R)は、機種の対応によります。また、他の機種で見るためには「DVD-VR/+VR」ではなく「DVDビデオ」形式で録画しなければ見られません。


メディアによる違い

★DVD-ROM

DVD-ROMは、再生専用のディスク/ドライブの規格。記録容量は、4通りあり、片面1層の記録方式による記録容量は通常4.7GBです。片面2層に記録するもの(デュアルレイヤー=通称DL)もあります。また、両面に記録するものがありますが、市販のDVDソフトではレーベルの表示に片面が使用され、両面再生できるプレイヤーがあまりないため、データ記録用が主。


★DVD-RAM

DVD-RAMは書き換えに対応したDVDフォーマットで、カートリッジに入っている。ほぼ無限に消去でき(DVD-RWやDVD+RWは1000回程度)、ほとんどハードディスクやメモリと似た使い方ができるが互換性にやや難があります。


★DVD-RW/DVD-R

DVD-RWは、データの記録方式などがDVD-Rに準じた記録方式を採用しているので、DVD-RAMと比べると互換性が高い。このためDVD-RWで記録したものは多くのDVD-ROMドライブで再生可能ですが、DVD-RWの記録膜は反射率の低い材質のものを利用しているため、一部のDVD-ROMドライブでは再生できないことがあります。(一部の自動車のCDプレイヤーで、CD-RWディスクの再生ができないように)


★DVD+R/DVD+RW

「DVDフォーラム」(東芝、松下など)で規格化したのがDVD-RAM・DVD-RWで、DVD+R/RWは「DVDアライアンス」という任意団体(ソニーなど)によって規格化されたもの。書き換え速度の高速化、片面2層書き換えという点でDVD-RWをちょっとリードしている。


パソコンで使用する際、DVD-R/RW、DVD+R/RWのいずれにも対応し、片面2層のDVD-R DL、DVD+R DLの書き込みができるドライブが普及してきているため、メディアの違いによる差異はほとんどなくなってきてます。

しかも、メディア1枚あたりの単価って-R・+R関係なしに100円切ってますし。





で、結論。
RWとただのRはレーザーの反射率が違うので、読めないプレイヤーがあるので、友達にあげるときは注意しましょう。
(そんなDVDをもらったので)

おまけ:次世代DVDレコーダーは当分買わないだろうと思います。

マルチドライブでないかな?
[2005/11/07 18:17] | こんな日々(そのようなもの) | トラックバック(0) | コメント(4)
この記事のURL | TOP ▲
≪危険なアネキ(第4話) | ホーム | 着信ナシ≫
らんきんぐ
コメント
花より男子
知りませんでしたか・・・読み方;
ということはドラマも見てないですね?

「危険なアネキ」よりは面白いかと(笑)
途中から見ても???かもですが・・・
[2005/11/07 22:52] URL | かず [ 編集] | TOP ▲
おもしろい?
ツッコミごもっともです。


原作しらないので(バレバレ)
おもしろいのですか?

今日の話では、
知ってる男子が、小栗君と
多分「嵐」のなんとかって男の子
ぐらいですので。

ついてけないかも・・・orz



「危○なアネキ」よりはいいかなあ?

いつ放送してるんだろう。調べてみますか。
[2005/11/07 23:21] URL | とも [ 編集] | TOP ▲
おもしろいんですけど・・・
原作知らないと、途中から見ても意味不明かもしれませんね。
漫画おもしろいですよ、オススメ!

「野ブタ。・・・」も最初はついていけないっ!と思いながら見出しましたが、
これまたなかなかおもしろかったりします♪

アネキはもういいや・・・(-_-;)
[2005/11/08 11:25] URL | かず [ 編集] | TOP ▲
そうですか・・・
途中からではきびしいですか・・・

漫画見ますか。

「野ブタ。・・・」は原作ちょっと読んで、ついてけなさそうだったので、みてないんですよ・・・
[2005/11/08 18:07] URL | とも [ 編集] | TOP ▲
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://versapro.blog15.fc2.com/tb.php/507-fddfbf8a
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。